SBI証券

SBI証券は、
東証一部上場のSBIホールディングス株式会社の中核企業です。

SBIホールディングスは、
住信SBIネット銀行やモーニングスターなどを子会社に持ちます。

教育費の運用は長期間行うため、手数料が安いだけでなく、
証券会社の規模や信用も含め総合的に判断します

SBI証券は国内最大のネット証券で、
経営基盤もしっかりしており、その点でも申し分ないでしょう。

SBI証券の活用ポイント

・日本株、投資信託、債券、FXなどの取引はもちろん、
 手数料は国内最低水準で、ひとつの証券会社で充実した投資ができる。

投資信託の数が圧倒的に多く、ノーロードも多い

国内最大ネット証券の規模を誇り経営基盤がしっかりしている。

SBI証券の口座開設

SBI証券のサイトから
証券総合取引口座開設の申し込みを行います。

申し込み後に資料が郵送されますので、
捺印及び免許証の写しなど本人確認書類を同封し返送します。

出金用の銀行口座を登録する必要がありますので、
事前に銀行口座を決めておきます。

教育費用に銀行預金から積立投資を行う場合は、
毎月証券口座へ資金を移動する必要
があります。

入出金の費用無料の銀行口座が、
SBI証券のサイトで紹介されていますので確認して下さい。

総合評価

経営基盤、規模、商品種類、銘柄数、手数料のいずれの点でも
教育費の運用を行う場合は最適な証券会社と言えるでしょう。

(2015年11月)

このページの関連記事
●本サイトの姉妹サイト(http://etf-navi.info/sbi/)
 海外分散投資で資産を増やす方法 SBI証券

スポンサーリンク

ページの先頭へ

子育て費用の目安と資金対策 教育費ナビ トップへ

教育費ナビは特定の施設、団体とは関係のない個人が運営しています。
関連サイト/米国ETF海外分散投資
Copyright © 20154 教育費ナビ All Rights Reserved.