国公立と私立の学校の違い

教育費を計画するうえで、国公立の学校か私立の学校かの選択は、
金額的に大きな差が生じます。

ここでは、国公立と私立の学校の違いをご紹介します。

そもそも公立学校と私立学校の違いって何?

学校には運営者の違いで、
国立(こくりつ)・・・国が運営
公立(こうりつ)・・・市町村など地方自治体が運営
私立(しりつ、わたくしりつ)・・・個人や団体が運営
の3種類があります。

具体的には、
・国立学校
 東京大学など国立大学、国立大学の付属高・中・小・幼稚園など
・公立学校
 ○○県立や○○市立大学、○○県立高校、○○市立中・小・幼稚園など
・私立学校
 慶應大学、早稲田大学、開成高等学校、灘中学校など

国立と公立をまとめて国公立と呼びます。
国立も公立も同じ公的機関の運営であるためです。

国公立と私立のもっとも異なる点は
お金です。

いうまでもなく、
国公立は安く、私立は高いです。
これが国公立コースと私立コースの教育費の差となります。

スポンサーリンク

国公立学校と私立学校の特徴

国公立の方がお金が安いにもかかわらず、
全員が国公立を選択している訳でもありません。
それぞれ特徴があります。

小学校

公立(市立、区立)の小学校がほとんどです。

私立の大学の多い都市では、私立大学の付属小学校があります。
付属小学校から大学までエスカレータ式に進学できるメリットがあります。
ただし、受験をともない、高い費用が必要になります。

国立大学の付属小学校もあります。
国立なので費用は公立と変わらず安く、高い学力が期待できますが、
受験をともない、また学校数が非常に少ないです。

小学校で私立を選択する主な理由
・大学までエスカレータ式
・早い時期に学力を高める

中学校

公立(市立、区立)の中学校がほとんどです。

小学校同様の私立大学の付属中学校に加え、中高一貫校があります。
開成中、灘中、ラサール中など有名校や地方の進学校が該当します。
高い学力が期待できますが、受験をともない、高い費用が必要になります。

国立大学の付属小学校と併設の国立付属中学校もあります。

中学校で私立を選択する主な理由
・大学までエスカレータ式
・進学校で学力を高める
・中高一貫校で高校受験をなくす

高等学校

公立では、都道府県立の高等学校があります。
大学進学の普通科に加え、就職向けの商業科、工業科の学校もあります。
高校からは、公立でも受験をともないます。

高校から私立高校の割合が非常に多くなります。
中高一貫高に加え、高校単独の私立高校が多くなります。
単独私立高校は、公立校受験の併願の役割もあります。

高校で私立を選択する主な理由
・大学までエスカレータ式
・進学校で学力を高める
・公立高校の併願・すべり止め

大学

大学は、職業に最も影響を与える学校です。

国公立大学でも、私立大学でも偏差値によるランクがあり、
もちろん高い方が就職に有利になります。

また学科により内容が全く異なりますので、
希望する職業(就職先)に沿った学科の選択が必要となります。

国立大学と私立大学のどちらがお得

国立大学は、費用は安いですが、定員が少なく受験科目が多いです。
私立大学は、費用が高いですが、定員が多く受験科目が少ないです。
しかし、一概に国公立と私立大学のどちらが良いかは判断できません。

なぜなら大学はゴールではなく、
希望する職業(就職先)につくことが教育課程のゴール
であるからです。

大学は、希望する職業(就職先)に就くために適しているかが重要です。

私立大学でなければ、就くことができない職業はありませんので、
国公立大学から希望する職業に就くことが、
コストパフォーマンスが良い
ことになります。

小学校~高校までの私立学校の学費は、
希望する職業(就職先)に就くために適した大学に入る
先行投資の位置づけになります。

このページの関連記事
公立と私立の教育費
教育費の目的を考える

スポンサーリンク

ページの先頭へ

子育て費用の目安と資金対策 教育費ナビ トップへ

教育費ナビは特定の施設、団体とは関係のない個人が運営しています。
関連サイト/米国ETF海外分散投資
Copyright © 20154 教育費ナビ All Rights Reserved.