英語・英会話

最近の傾向として、文法などを中心とする英語の学習塾ではなく、
会話を目的とした生きた英語を学ばせたいという親が増えています。

それにともない、英会話を習わせる年齢が低年齢化しています。
人の耳は赤ちゃんの頃が最も多くの音を聞き分けれるといわれるためです。
よりネイティブに近い発音ができるとされています。

また英会話は実社会でも必要不可欠になっています。
将来ビジネスにも役立つでしょう。

日本語を習得しないうちから英会話を習わせるとどちらも中途半端になるなどと言われていましたが、最近は、そこまで気にしなくてもよいという考え方が主流になっています。

いくつもの公用語を持つ国の子供たちや両親がちがう言語を話す家の子どもたちが、母国語を話す能力が劣っているというデータはないからです。

それぞれの教室では、幼い子供に興味をひくため、イラストやおもちゃを使った教材に力を入れ、それが高い教材費につながっている事もあります。教室を選ぶときは入会金や月謝だけでなく、教材費を含めた総額をチェックしましょう。

また英語・英会話の場合週1回程度のレッスンでは中々身につきません。
習わせる場合、英語を使った遊び場程度に考えるか、身につくまで長期的に継続させるか、選択基準を視野にいれておきたいところです。

英語教育の費用

費用の目安
入会金:5000円~1万円
月謝:6000円~1万2千円
その他:教材費など2・3万円

外国人講師に1対1のプライベートレッスンをたのむと月4回で2万円くらいになります。

スクールによっては、入会時に何十万という教材を購入する場合があることもあるので要注意です。
 

ベネッセこども英語教室 http://www.pippon.com/
ヤマハ英語教室 http://www.yamaha.co.jp/school/
子供英会話のミネルヴァ http://www.minel.jp/index.html
イーオンキッズ http://www.aeonet.co.jp/kids/index.html

 
習い事情報へ戻る

スポンサーリンク

ページの先頭へ

子育て費用の目安と資金対策 教育費ナビ トップへ

教育費ナビは特定の施設、団体とは関係のない個人が運営しています。
関連サイト/米国ETF海外分散投資
Copyright © 20154 教育費ナビ All Rights Reserved.