看護師

 
看護師の収入

平均収入は456万円です。この平均収入は夜勤手当も含んでいます。
ふつうのOLよりは年収は高めです。看護師資格は、一度取得すると生涯有効なので、出産育児後の再就職も可能です。

看護師の仕事
 

 主な仕事は、病院や診療所などで医師の診察や手術などを手助けをすることです。
勤務先は病院、診療所以外にも、社会福祉施設、訪問看護ステーション、保健所などいろいろあります。
 大病院の看護師は、病棟、外来、手術室といった具合に担当が分かれており、業務内容も異なります。
 病棟と外来の担当は、医師の診察の補助、カルテの整理や患者の検温などを行います。
また入院患者の洗面、入浴、排せつ、食事などの手助けもします。
手術室の担当は、手術の準備を整え、手術中は執刀医に必要な器具を手渡したり、患者の容体を見守ったりします。
看護師は夜勤労働など体力的にも精神的にもかなりハードな仕事です。
鋭い観察力、すばやい判断力、豊かなコミュニケーション能力などが必要になってきます。
そして、責任も重く、とても大変な仕事ですが、それだけにやりがいも大きい仕事です。

看護師になるには
 

 看護師国家試験に合格する必要があります。
受験資格は、大学や3年制短大の看護系学科、または病院や大学の医学部に付属する3年制看護学校などを卒業すると得られます。なお、大学や4年制専門学校の中には、看護師と保健師のカリキュラムを統合して学べるところもあり、卒業時に保健師の国家試験受験資格も得ることができます。

看護師国家試験の合格率はほぼ90%です。

年収の目安(平均)

456万円(夜勤含む)
厚生労働省「平成19年賃金構造基本統計調査」より

スポンサーリンク

ページの先頭へ

子育て費用の目安と資金対策 教育費ナビ トップへ

教育費ナビは特定の施設、団体とは関係のない個人が運営しています。
関連サイト/米国ETF海外分散投資
Copyright © 20154 教育費ナビ All Rights Reserved.