美容師 

 
美容師の収入

平均給与 約22万3000円(2012年厚生労働省調査)より
平均年収は266万円で美容室によって違いがあります。
数か月予約待ちのようなカリスマ美容室では、年収1000万円もあるかもしれませんが、基本的に高収入の職業ではありません。
最初の見習いの頃はとくに収入は低めです。
 
美容師の仕事

客の要望を聞きながらシャンプー、カット、パーマ、カラーリングなどの技術を駆使して頭髪を整えていくことです。
美容室は女性客が主体、理容室は男性客が主体のため、サービス内容には多少の違いがあります。
理容室には顔をそるシェービングなどもあります。
最近はメイクアップや、ネイルアート、エステなどに力を入れている高級感の漂う美容室もあります。
逆に1000円カットのお店など安くて、早いを売りにした店もあります。
美容師は客とのコミュニケーションを大切にし、流行にも敏感でセンスがあり、手先が器用である必要があります。
資格職なので出産育児などで、いったん仕事から離れても、また働くことができます。
独立して開業する人もいますが、美容室は街のいたるところにあるので、その中で競争するには厳しいものがあるかもしれません。
 
美容師になるには

国家試験を受ける必要があります。
高校を卒業して、美容師または理容師の養成施設(2~3年)の課程を修了し、美容師、理容師の国家試験に合格しなければなりません。
試験は筆記試験と実技試験があります。
筆記試験では関係する法律や制度、衛生管理、人体の構造や機能、美容・理容に関連する物理・化学の知識、美容・理容の理論などが問われます。
実技試験ではカッティングの基礎的な技術などが試されます。
なお、美容師・理容師免許を取得したのち、3年以上の実務経験を積み、都道府県知事が指定する講習を受けると管理美容師・理容師の資格が取れます。
2人以上の美容師・理容師がいる店は管理美容師・理容師を置くことが義務づけられており、将来、独立開業する際に役に立つ資格です。
 
年収の目安(平均)

266万円厚生労働省「平成19年賃金構造基本統計調査」より
離職率が高く、若い見習い世代が多いため、低めの平均年収になっています。
再就職や転職には有利です。

 

スポンサーリンク

ページの先頭へ

子育て費用の目安と資金対策 教育費ナビ トップへ

教育費ナビは特定の施設、団体とは関係のない個人が運営しています。
関連サイト/米国ETF海外分散投資
Copyright © 20154 教育費ナビ All Rights Reserved.