マンガ家

 
マンガ家の収入

 経験や実力によって差があります。
人気が出れば数億という収入を得る事も可能ですが、収入ゼロという可能性もあります。
駆け出しの頃は原稿料も安く、すぐには連載マンガの仕事も入らないので、デビューはできても仕事が続く保証はありません。
 しかし、連載マンガが単行本になれば、印税収入が入ります。さらに、マンガが人気になり、アニメ化、キャラクター化されたり、グッズ販売されたりすれば、収入が数億円ということもあります。
 また、世界的な大ヒットとなれば、数十億も夢ではない世界かもしれません。

マンガ家の仕事

いろいろな雑誌や刊行物に掲載されるマンガをかくことが仕事です。
ストーリーを考えてマンガを描いたり、何かの説明を分かりやすくするためにマンガをつかって表わしたりします。
最近では、マンガをつかう媒体が増えてきていて、活躍の場も広がっています。
日本のマンガは、世界からも注目されていますので、マンガ家は、マンガ文化の担い手となるでしょう。
 マンガ家は、売れないとつらいですが、売れたら売れたでかなり大変な仕事です。
週刊の連載を何本もかかえると、締め切りに追われるようになり、徹夜をしたり、
不規則な生活で体調管理が難しくなります。

マンガ家になるには

 自分で描いたマンガを雑誌に投稿して賞をとったり、
自分の作品を出版社に直接持ち込んで、編集者に認めてもらってデビューするというのがオーソドックスな方法です。
また、マンガ家のアシスタントをしながら、実力をつけ、デビューのチャンスをうかがうというのもひとつの方法です。
最近ではコミック科やマンガコースなどの専門学校も増えてきています。
そのようなところで、基礎を学んで、学校からバックアップをしてもらってデビューのチャンスを得ることもできます。
しかし、あくまでも実力次第です。
 絵がうまいだけではマンガ家にはなれません。むしろ、ストーリーのおもしろさが重要です。
そのために、自分を磨く努力を怠らず、取材をしたり、研究する必要があるかもしれません。

年収の目安

0~数億円
収入は人気しだいで人によって様々。雑誌の原稿料は数千円から数万円とピンキリ。
(中堅マンガ家で1ページあたり1万円前後。)
コミックスの印税は約10%前後といわれている。
アシスタントの収入は1日1万円がめやす。

スポンサーリンク

ページの先頭へ

子育て費用の目安と資金対策 教育費ナビ トップへ

教育費ナビは特定の施設、団体とは関係のない個人が運営しています。
関連サイト/米国ETF海外分散投資
Copyright © 20154 教育費ナビ All Rights Reserved.