キャビンアテンダント(客室乗務員)

 
キャビンアテンダントの収入

平均収入は約600万円です。他の女性中心の職場と比べても仕事がハードなので収入は高めです。
しかし、近年の競争激化、コスト削減の影響などで、以前よりも、給与水準が下がっているようです。
航空大手2強JAL,ANAとそれ以外では、年収の差が大きいようです。
また、キャビンアテンダントの採用に当たっては、3年間の契約社員勤務を経てから正社員へ登用するシステムです。
この間の年収は300万円程度で一般企業の新入社員と変わりません。

 
キャビンアテンダントの仕事

キャビンアテンダントは一見、華やかで憧れの職業ですが、実際は大変ハードで責任の重い仕事です。
その仕事内容は、まず乗客を機内で出迎え、離陸前には離着陸の際の注意や非常時の脱出の手順などを説明します。
そして、食事や飲み物、新聞、雑誌、毛布などをサービスし、フライト中は絶えず乗客に気を配ります。
また、急病人や気象状況の悪化による機体の揺れやトラブルなどに際して、機敏に対処する必要があります。
そして、やむを得ず緊急着陸などをする場合には、乗客がパニックに陥らないよう、落ち着いて冷静に誘導しなければなりません。
 勤務体制は不規則で、出社や退社の時間は毎日異なり、変則的なスケジュールが続きます。
国際線担当の場合には、長期に渡って日本を離れていることもあります。

 
キャビンアテンダントになるには

 高校卒業後、大学・短大・専門学校に進学し、必要な知識やスキルを身につけてから、
日本の航空会社や日本に乗り入れている外国の航空会社の採用試験に合格しなければなりません。
人気職種なので、採用試験の倍率は20倍以上という狭き門ですから、
大学・短大と並行して専門学校(エアラインスクール)に通ったり、大学卒業後に専門学校に入って勉強するケースもあるようです。
大学・短大での学科は不問ですが、英語をしっかり学べる学科がよいでしょう。
英語力は重要で、TOEICなら600点以上、英検なら1級以上などの条件もあります。
 試験は面接、筆記、英会話などで、視力や身長、呼吸器や循環器などの身体面・健康面も厳しくチェックされます。
「身長」に関しては「160cm以上が望ましい」という目安はあるものの絶対基準ではないようです。

 
収入の目安(平均)

602万円 (厚生労働省「平成19年賃金構造基本統計調査」より

キャビンアテンダントの収入は会社によって差が大きくJALが676万円、ANAが463万円、スカイマークが314万円。
(平成20年3月現在、各社有価証券報告書より)

スポンサーリンク

ページの先頭へ

子育て費用の目安と資金対策 教育費ナビ トップへ

教育費ナビは特定の施設、団体とは関係のない個人が運営しています。
関連サイト/米国ETF海外分散投資
Copyright © 20154 教育費ナビ All Rights Reserved.