学歴別の収入差

教育費は子供の将来に対する投資ですから、
社会の実情を知っておくことは大変重要です。

次のグラフは、男女別の学歴別の収入の推移を表しています。

学歴別男性

学歴別女性

これらのグラフから次のことがわかります。

男女ともに学歴が高いほど賃金が高い

女性の賃金は男性に比べ、非常に低い水準である

・大学・大学院卒の賃金が年齢とともにもっとも上昇しているが、
 高校卒の賃金は上昇が緩やかである

個人の能力差や生活環境の違いはありますが、
多くの教育費をかけると高学歴になる可能性が上がります。

高学歴が大企業への入社につながり、
収入に大きく影響することになります。

これをふまえ教育費をどの程度見積もっておくかを考えます。

参考文献:
厚生労働省 平成25年賃金構造基本統計調査(全国)結果の概況

このページの関連記事

スポンサーリンク

ページの先頭へ

子育て費用の目安と資金対策 教育費ナビ トップへ

教育費ナビは特定の施設、団体とは関係のない個人が運営しています。
関連サイト/米国ETF海外分散投資
Copyright © 20154 教育費ナビ All Rights Reserved.