資金対策の考え方

家計のプランニング の結果、
資金不足となると対策を考えなければ目標は達成できません。

教育費は、住宅資金や老後資金と並ぶ三大支出の一つで多額のお金が必要です。
一方、統計的に教育費をかけると将来の子供の収入が高くなる傾向があります。

どれだけの教育費を子供にかけるかは、各家庭の考え方や収入によります。

労働収入をすぐに増やすことはなかなか容易ではありませんが、
子供が生まれたら教育資金が必要な時期はあらかじめ把握できるので、
長期的に計画を立てて資金作りをすることができます

対策の例をあげるので参考にして下さい。
実施についてはリスクをよく把握することが必要です。

お金の問題を解決するためには、
①収入を増やす
②支出を減らす
③資産を活用する
の3つあります。

①収入を増やす

文字通り労働収入を増やすことです。
一般的には、共働きや副業です。

ネットが進み個人でも様々な仕事をすることができるようになっています。
趣味を生かした仕事もあります。

本業をおろそかにしないことが、長続きするコツでしょう。

②支出を減らす

収入-支出=貯蓄ですので、
収入が同じでも支出を減らすことで貯蓄を増やすことができます。

ところが支出を減らすのはなかなか大変です。
積立預金や学資保険など強制的に積み立てることで、
支出を管理しやすくなるメリットがあります。

貯める
銀行預金
保険

③資産を活用する

資産を活用するというのは、
資産運用つまりは投資を行い資産を活用して資産を増やすことです。
証券口座を開設しての証券投資が一般的です。

また資金繰りを改善するために借入金を使うことは支出の平準化として役立ちます。ただし、返済計画が重要です。

資産運用
投資

借りる
教育ローン
奨学金

このページの関連記事

スポンサーリンク

ページの先頭へ

子育て費用の目安と資金対策 教育費ナビ トップへ

教育費ナビは特定の施設、団体とは関係のない個人が運営しています。
関連サイト/米国ETF海外分散投資
Copyright © 20154 教育費ナビ All Rights Reserved.